NASAのジュノー計画、木星の奇妙な緑色の球体の写真を撮影 – DNyuz

NASA’s Juno mission snaps photo of a strange green orb on Jupiter

新しい 木星のイメージ NASA のジュノー宇宙船の JunoCam によって撮影された写真には、惑星の乱流の北極近くに明るい緑色の球体が写っています。 地球を何度も観察した後でこの球体を見るのは確かに少し奇妙ですが、 NASAは言う それはただの稲妻だということ。

今月初めに共有されたこの画像には、木星の表面を覆う雲の中で緑の球体が明るく輝いているのが映っている。 地球上の雷は赤道付近の雲の水から発生しますが、NASAによると、木星の雷はアンモニア水溶液を含む雲によって発生します。 この種の出来事は木星の極の周りで頻繁に起こります。

ジュノーは 2016 年にミッションを開始して以来、木星を 35 回周回しています。その周回中、この小さな宇宙船は木星の無数の画像と、いくつかの最大の衛星のデータを捕捉しました。 NASA によると、最近共有された画像は実際には 2020 年 12 月に撮影されたもので、現在は少しの間アーカイブに保管されています。 木星の緑色の球体の画像は、市民科学者のケビン・M・ギルによって処理されました。

写真に見られる緑色の球体は、ジュノーが木星の雲の上からわずか39,900マイル上空にいたときに撮影されました。 特に、1979 年にボイジャー 1 号が地球上で同様の稲妻を捉えて以来、雷の説明は明らかに非常に理にかなっています。それらの閃光は、地球上の稲妻よりも最大 10 倍強力であると推定されています。 他の惑星でも落雷が発生しており、土星では1秒間に10回もの落雷が発生する可能性があると伝えられています。

Juno は当初、5 年間のみ運営される予定でした。 しかし、NASA は 2025 年までミッションを延長し続けました。この探査機は木星について多くのことを教えてくれ、そのかすかな塵のリングのデータを捕捉しました。 グレートブルースポット 地球上に存在することが知られており、惑星の赤道近くの磁場も同様です。 この最新の画像は、この乱流の惑星がいかに美しいかを思い出させるものにすぎません。

ポスト NASAのジュノー計画、木星の奇妙な緑色の球体の写真を撮影 最初に登場したのは BGR

Loading...