CosinaのVoigtlanderAPO-NikonZ用のLanthar35mmf/2が6月に登場

APO-LANTHAR 35mm F2

Cosinaはその今後についてのより多くの情報を明らかにしました Voigtlander APO-Lanthar 35mm f / 2 ニコンZマウント用の非球面レンズ。これまでで最高のパフォーマンスを誇る「準広角」光学系。

Cosinaは、日本のカメラ会社とのライセンス契約のおかげで、NikonZ-mount用のレンズのラインナップを着実に拡大しています。 そのレンズはまだ完全に手動ですが、パートナーシップにより、CosinaオプティクスはNikonZマウントカメラと完全な電子通信を行うことができます。

最新の追加は、Voigtlander APO-Lanthar 35mm f / 2非球面レンズです。これは、Voigtlanderブランドでこれまでに製造された中で最高のパフォーマンスの「準広角」光学レンズと呼ばれています。 このレンズは当初、他のレンズのセットとともに2月に発表されましたが、同社は最近、サンプル画像、価格、予想される入手可能性など、今後の光学部品に関する詳細情報を発表しました。

Cosinaは、Nikonミラーレスカメラのイメージセンサー用に最適化され、NikonフルフレームFXカメラとAPS-CDXフォーマットカメラのフルイメージサークルをサポートする光学システムを搭載していると述べています。

APO-LANTHAR 35mm F2

レンズは9つのグループの11の要素で構成され、Cosinaが「5つの異常に分散したガラス」と表現するものと、フローティングメカニズムの2つの両面非球面レンズが含まれています。 レンズはアポクロマート設計であり、Cosinaは軸上色収差を排除し、コントラスト再現と解像度の両方で優れた結果を提供できると述べています。

Cosinaによると、12枚羽根の絞り絞りを介してf/2からf/16の絞り範囲が特徴で、ボケは大きく開いているだけでなく、f/5.6まで円形に見えます。

前述のように、レンズはニコンのZマウントカメラと通信できるようにする電子接点を備えています。 EXIFデータの提供に加えて、体内の画像安定化と連携して機能し、フォーカスポイントのフレームカラーの変更、フォーカスピーキング、フォーカス拡大の3種類のフォーカス機能をサポートします。 Cosinaは、Nikon Z7、Z6、Z50、Z5、Z6 II、Z7 II、Z fc、およびZ9で動作すると述べています。

フォーカスについて言えば、Voigtlander APO-Lanthar 35mm f / 2は、高精度に調整されたオールメタルのヘリコイドユニットを使用し、高品質のグリースを使用して「適切な」トルクを生成し、スムーズで微調整。

以下は、Voigtlander APO-Lanthar 35mm f / 2でキャプチャされ、Cosinaの厚意により、写真家の小池健が撮影した画像です。

価格と入手可能性:

Cosinaは6月からレンズを12万円(約930ドル)で出荷する予定です。

Loading...