結局のところ、地球の内核はおそらく滑らかではないことが、新しい研究によって示されています – DNyuz

Earth’s Inner core probably isn’t smooth after all, new research shows

見やすいですね 地球の内核そして、その固体の鉄球の質感が滑らかで丸いものであると想像してください。 しかし、 新しい研究 今月の雑誌に掲載されました 自然 そうでないと証明できるかもしれない。 地球の内核は層で構成されていると多くの人が信じてきましたが、多くの場合、それは鉄や他の金属の金属ピンボールとして説明されてきました。 しかし、この研究によると、それに沿っていくつかの溝があります。

では、なぜ今までこれらの溝の証拠が見つからなかったのでしょうか? 新しい論文によると、おそらく内核と奥から伝わる地震波のわずかな違いが単一の機器では測定できないためだという。 代わりに、研究者らは、世界中に配置された 20 の異なる地震計アレイのネットワークに依存する必要がありました。

これにより、研究者らは地下核爆発からの非常に小さな信号を検出できるようになり、現在地球の内核に現れると考えられている溝を測定する方法が得られ、滑らかでも均一でもない奇妙な質感を地球に与えている。 内核の地図を探ろうとした過去の同様の実験では、1台の地震計のみに依存するか、核の限られた部分に焦点を当てていた。

内核から戻ってくる信号は非常に小さい、と研究者らは指摘する。 これが、彼らが戻ってくる個々の信号に焦点を当てるために非常に多くの地震計を設置したいと考えた理由です。 彼らが呼んだこれらの「ベビーエコー」は、従来の地震データでは見るのが非常に困難です。 したがって、何かを見るためには、それらに焦点を合わせる必要があります。

彼らが新しいセットアップを使用して取得したデータは、地球の内核が直径10キロメートル未満のしわや起伏でいっぱいであることを示しました。 この発見は、内部コアの質感が均一とは程遠く、滑らかとは程遠いことを示しています。

さらに、これらの凹凸は中心に向かうほど顕著になり、外核と内核の境界から地下500~800キロメートルを通過すると地震波はさらに散乱し続けることもデータから示された。 この発見は、コアが急速な成長期を経験したことを示唆しています。 研究者たちは説明する 彼らの論文では。 それはおそらく、核が今日私たちが知っている塊に固まり始める直前に起こったものと考えられます。

研究者らが発見したと信じているこの組織は、最深部に閉じ込められていた液体鉄の一部が最終的に凍結して固まり始めたときに、その後に生じた可能性がある。

ポスト 結局のところ、地球の内核はおそらく滑らかではないことが新しい研究で示されています 最初に登場したのは BGR

Loading...