日本のOMOTENASHI月着陸船は目標に到達できませんでした

Japan’s OMOTENASHI lunar lander fails to reach its target

月に到達する4番目の国になるという日本の試みは失敗しました。 ツイートによると 今週共有しました。 国のOMOTENASHI着陸船(ナノセミハードインパクターによって実証された優れた月探査技術の略)が出発しました アルテミス I ロケット しかし、家に帰っても連絡が取れませんでした。

着陸船は基本的に、月に着陸してその表面を探索するように設計された CubeSat プローブでした。 これは先週の Artemis I の打ち上げの一部でした。 しかし、アルテミス I ロケットから切り離されて間もなく、地上チームは OMOTENASHI ランダーと通信できなくなりました。 これにより、宇宙船を太陽に向けてバッテリーを充電することができなくなりました。

日本の着陸船は、アルテミス I の打ち上げに取り付けられた 3 つの CubeSat のうちの 1 つに過ぎず、月を対象としていました。 その他には、イタリア製の宇宙船である ArgoMoon と、NASA 独自の BioSentinel CubeSat-slash-biolab が含まれます。 これらの残りの 2 つは、まだ月に向かう途中です。 悲しいことに、OMOTENASHI着陸船は、制御着陸のために計画された唯一のものでした。

着陸船が小型宇宙船を安全に着陸させるプロセスについてより多くの洞察を提供することが期待されていました。これは、将来の宇宙探査に不可欠なものであり、特に NASA が 火星への有人ミッション 2030年代に。 しかし、OMOTENASHI着陸機との接続ができなかったため、チームは予定されていた着陸を完了することができませんでした。

日本の着陸船が旅の途中で墜落するのを見るのは残念だ. ただし、これらの長距離ミッションで送信されたときに、宇宙船が通信を失ったり、完全に失敗したりすることは前代未聞ではありません。 まだ比較的近いとはいえ、地球から月への移動は宇宙船にとって危険な場合があります。 このように、OMOTENASHIが月に到達する可能性はすでに歪められていました.

うまくいけば、月面に到着する予定の他の2機の着陸船からもっと多くのことを学ぶことができ、うまくいけば、日本は次にNASAのアルテミスミッションが離陸するときにOMOTENASHIのような月着陸船を送る別の機会を得られるでしょう.

ポスト 日本のOMOTENASHI月着陸船は目標に到達できませんでした 最初に登場した BGR.

.

Loading...