専門家が語る、読書で車酔いする理由 – DNyuz

Why reading can make you carsick, according to an expert

と闘っている人として 乗り物酔い ロードトリップ中に時間を潰すのは、特に自分自身を忘れられない場合には、複雑な作業になる可能性があります。 良書 病気になるのが怖いからです。

移動中の車内で本を読むと突然吐き気を催す人がいる理由を知るために、インサイダーは神経精神科医に話を聞いた オーハ・ススミタ博士

車内での読書は「感覚の不一致」を引き起こす

この病気は、人の平衡感覚や空間的方向性を司るシステム間の断絶、あるいはススミタ氏の説明によれば、「目で受け取る情報と内耳で感じる感覚との間の矛盾」によって引き起こされる。

ススミタ氏によると、脳は内耳で動きを知覚しているため、車の中で動いていると思い込むが、目の焦点は静止しているものに集中しているという。

「動きや方向の変化を感知する内耳とは対照的に、目は自分が動いていないという信号を送っているため、感覚の不一致が生じます」と彼女は言う。 「この感覚の衝突は、身体の正常な平衡感覚の破壊につながり、吐き気、めまい、発汗、場合によっては嘔吐などの症状を引き起こす可能性があります。」

特に読書には「集中した注意と細かい視覚的追跡が必要」であり、それが感覚の不一致をさらに悪化させると彼女は述べた。 内耳は車の動きを感じていますが、周囲の視覚も動きを知覚していないため、周囲の視覚も役割を果たします。

ただし、誰もがこの感覚を経験するわけではなく、これらの問題に対する感受性は人によって異なることに注意することが重要です。

しかし、車酔いをする本好きには悪いニュースがあります。ススミタ氏は、乗り物酔いを感じる人は車内での読書を制限するか、完全に避けるよう推奨しています。

ポスト 専門家が語る、読書をすると車酔いする理由 最初に登場したのは ビジネスインサイダー

Loading...