ソニーは2030年までに環境フットプリントをゼロにしたいと考えています

Sony Cameras

ソニーは 発表 2040年までに2030年を新たな目標として、すべての部門でカーボンニュートラルを達成するという当初の目標から10年までに加速していること。

同社はまた、2040年までに、バリューチェーン全体(提携しているすべての企業)でカーボンニュートラルを獲得することを計画しています。これは、以前の目標である2050からの時間の短縮です。

ソニーは1990年代初頭から環境イニシアチブを追求してきたと述べていますが、2010年には、ソニーの製品と事業活動のライフサイクル全体で環境フットプリントをゼロにすることで持続可能な社会の実現を支援する「RoadtoZero」長期環境計画を発表しました。 2050年。

「気候変動のリスクが世界的に明らかになり、深刻化する中、脱炭素社会への移行が急務となっていることから、ソニーは気候変動分野での環境影響低減活動を加速し、目標達成年を前倒しすることを決定しました。この地域の環境フットプリントは10年でゼロになります」と同社は言います。

ソニーは、この目標へのアプローチを3つの方法で分解しています。 まず、2040年までに温室効果ガス排出量を「実質的にゼロ」に削減し、2030年までに自社事業の直接および間接排出量をカーボンニュートラルにする予定です。また、製品、サプライチェーン、および2040年までにネットゼロへのロジスティクス。

同社はまた、当初の計画よりも10年早く、2030年までに自社サイトで使用される100%再生可能電力を達成することを計画しています。 ソニーはまた、2025年までに15%の再生可能エネルギーの目標を35%の新しい目標に引き上げる予定です。 同時に、ソニーの再生可能エネルギー調達方針を改定し、発電設備の設置・運用における環境配慮事項を追加しました。

最後に、同社はカーボンニュートラルに向けて4つのステップを実行することを計画しています。 自社サイトの環境への影響を継続的に削減し、エネルギー効率の高い製品をさらに推進し、パートナーとの取り組みを強化し、サプライチェーン全体で排出量の削減を促進し、企業は炭素の除去と固定に貢献します。技術的な除去と生態系による吸収の両方を通じて。

「今回発表したカーボンニュートラルで100%再生可能エネルギーの達成目標の加速は、企業としてのソニーの責任の一部ですが、ソニーは、自社の技術や事業を通じて、また、パートナーとの共創」と同社は言う。

「今後もソニーは、持続可能でより良い社会と地球環境の実現に向けた活動を推進していきます。」


画像クレジット: 経由でライセンスされたヘッダー写真

Loading...