キヤノンEOSR7第一印象:APS-Cのパフォーマンスキング

Canon EOS R7

他のメーカーのAPS-Cカメラは停滞し、刺激的ではありませんが、Canon EOS R7は、より多くのメガピクセル、より高速な連続撮影、より優れたオートフォーカスでそれを変えることを目指しています。

品質とデザインを構築する

Canon EOS R7は、EOSR10とRebelT8iの中間に位置する新しいボディデザインを特徴としています。 特定のボタンがなく、上面ディスプレイがないため、この意味では90Dの代替品ではありませんが、背面に魅力的な新しいダイヤルとマルチコントローラーのジョイスティックコンボがあります。

キヤノンEOSR7カメラ。

キヤノンEOSR7カメラ。

キヤノンEOSR7カメラ。

新しいダイヤルは、親指が同じスペースを占める2つのコントロールと揃うように配置されています。 私はそれを使って楽しんでいましたが、4方向の十字キーの周りにフラットホイールを配置する代わりに、奇妙な位置にあるオンオフムービースイッチがあるスクラブホイールを排除するという代償を払っています。 その代わりに、R7には、3つの露出設定(シャッタースピード、絞り、ISO)用に3つのダイヤルがあり、別のボタンを押すとISOが隠れてしまいます。 これは、完全なマニュアルを撮影する私にとって最も重要な問題点の1つです。

新しいボディシェイプのもう1つの問題は、コンパクトすぎることです。これは、本日発売されたもう1つのAPS-CカメラであるR10の第一印象でも表現した問題です。 グリップの手の指がレンズをこすって水ぶくれができるまで、ほんの数時間の撮影でした。 大きな手はありませんが、グリップの高さが短いので、狭いスペースに指をうまく入れることができません。

キヤノンEOSR7カメラ。

キヤノンEOSR7カメラ。

キヤノンEOSR7カメラ。

本体の右側には、EOSR6と同様に2つのUHS-IISDカードスロットを収納するスライドカバーがあります。 R7は、R6およびR5と同じタイプで、R10で使用されているものよりも大きいLP-E6NHバッテリーを使用します。 1日で約900枚の写真を撮影した後も、バッテリーの寿命は約3分の1でした。

四方十字キーは、多くのカスタム機能用にプログラムできることを感謝しています。 R10と比較して、R7には、ボタンを押したままでさまざまな露出とオートフォーカスの設定をすぐに呼び出す機能など、より多くのカスタマイズオプションがあります。

キヤノンEOSR7カメラ。

キヤノンEOSR7カメラ。

キヤノンEOSR7カメラ。

最後に、EOSR7は90Dに匹敵する防塵性と耐湿性を備えていることを言及する価値があります。 したがって、OM-1で見たように正確にロックダウンされているわけではありませんが、R10が実行しているものよりも優れています。 ほこりがふさがれているもう1つの方法は、センサーです。このカメラには、センサーがオフになっているときにセンサーを保護する機械的な閉鎖シャッターがあります。

画質

新開発の32.5メガピクセルAPS-CセンサーとDIGICXイメージプロセッサーを搭載したキヤノンR7は、クロップセンサーカメラで見た中で最高の画質を実現しています。 シーンの色と表現は美しく見え、ダイナミックレンジのためのヘッドスペースがたくさんあり、センサーのサイズを考慮するとISOパフォーマンスはまったく悪くありません。

キヤノンR7からのRAWファイルのシャドウリカバリ。
キヤノンR7からのRAWファイルのシャドウリカバリ。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

ノイズレベルを見ると、ISO 1,000をプッシュするミッドレンジでも、写真はうまくまとめられています。 私のテストによると、ISO 3,200前後で、細部が洗い流され始めているようです。 これは、前回ISO800が要求しすぎたCanonAPS-Cカメラ7DMarkIIを所有していたときから大幅に改善されています。 それはまだ新しいフルフレームのキヤノンカメラと同じレベルではありませんが、それでも私はこの小さなセンサーのような高い期待を持ってそれには入らなかったのは当然です。

ISO100。
ISO100。JPEGから100%トリミング。 カメラのノイズリダクションがオフになっています。
ISO800。
ISO800。JPEGから100%トリミング。 カメラのノイズリダクションがオフになっています。
ISO3,200。
ISO3,200。 JPEGから100%トリミング。 カメラのノイズリダクションがオフになっています。
ISO6,400。
ISO6,400。 JPEGから100%トリミング。 カメラのノイズリダクションがオフになっています。
ISO32,000。
ISO32,000。 JPEGから100%トリミング。 カメラのノイズリダクションがオフになっています。

手ぶれ補正機能を備えたレンズと組み合わせると、最大7ストップでの手ぶれ補正を補正できるボディ内手ぶれ補正機能を備えています。 私のカメラでの写真の多くはRF100-500mmレンズで撮影されたもので、1.6倍のクロップファクターを計算した後、800mm相当の焦点距離になります。 それでも、この組み合わせは、野生生物やスポーツ用のハンドヘルドでも比較的安定していました。

EOS R7でデビューする新しいトリックの1つは、物理センサーを使用する自動レベリングモードです。 静止画とビデオの両方で利用可能で、実際にはあまり違いはありませんでしたが、センサーは撮影中に可能な限り水平に保たれます。

動作しましたが、ほとんど目立ちません。 カメラでレベリングガイドを使用すると、ジャイロスコープがそれほど正確ではないため、ディスプレイに完全に水平であることが表示され続ける数度の傾きがあります。 レベル表示にレベルが表示されるとレベルになるので、これが最も便利だと思います。

CanonEOSR7の自動レベルサンプル。
RF100-500mmで撮影。 キヤノンは、レンズが異なればオートレベリングでも結果が異なると主張しています。

R7は、メカニカルシャッターで最大15フレーム/秒、電子シャッターで最大30フレーム/秒の連続撮影が可能です。 キヤノンの担当者によると、最大の機械的フレームレートで撮影しても問題はありません。 他のブランドは、ファインダー画像を遅くしたり、RAWファイルをより高速バーストで圧縮したりする可能性があるため、この面で素晴らしいニュースです。 電子シャッターはローリングシャッター効果を発揮し、動きの速い被写体を汚く奇妙に見せます。このモードに移行する場合は注意が必要です。

私は、カメラが最高の体験を得るために利用可能な最高の書き込み速度を備えたSDカードを使用することに特にこだわっていることを発見しました。 たとえば、毎秒30フレームで起動する場合、カメラは、書き込み速度が299 MB/sのSonyTOUGHカードに記録する61JPEG+ RAWフレームを撮影できますが、書き込み速度が250MBのDelkinカードを使用します。 / s、55フレームしかかかりませんでした。 次に、バッファをクリアする場合、Sony TOUGHカードでは8.5秒、Delkinではばかげた25秒かかりました。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

オートフォーカス

EOS R7のオートフォーカス機能は、6,000ドルのEOSR3から継承されています。 R7には裏側に照らされたスタックセンサーがないため、同じ速度にはなりませんが、コアには類似点があります。 このカメラは、人間、動物(鳥を含む)、および車両の被写体認識を備えています。

このカメラが被写体追跡のために機能する方法は、それがフレーム内にある場合、カメラがそれを拾い上げて行く準備ができているということです。 正しいフォーカスエリアを選択し、被写体の上にフォーカスポイントを移動して、カメラに何を追跡するかを指示する必要がなくなりました。カメラはそれを認識しています。 これは、私が過去6か月間使用してきたR3との完全なゲームチェンジャーであり、シームレスにR7に変換されます。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

キヤノンEOSR7で撮影したサンプル写真。

とは言うものの、信頼性はR3のように鉄壁ではありません。 ファインダーで被写体を追っているのを見ても、ピントが合っていない画像が連なります。 ヒット率は1,500ドルの価格では並外れたものですが、このハンズオンタイムの初期段階ではその欠陥が見られます。

ミラーレスAPS-Cは正しく行われた

全体として、CanonEOSR7が非常にコンパクトなボディに詰め込まれていることに感銘を受けました。 プロの熟練した写真家がメガピクセルを保持しながらより深い作物にアクセスするために2台目のカメラのためにこれを購入することを検討するかもしれないところには十分です。 アクションのための高速の機械的フレームレートと、適度に低い照明条件でも優れた画質を備えています。 それははるかに高価なR3のオートフォーカスインテリジェンスを模倣することでさえ公正な揺れを与えます。

Loading...