カメラの売れ行きが好調で、キヤノンは上昇市場に乗っている

Canon

通常、年末の結果が最も興味深いのは、その年の経過と来年の見通しを示すものだからです。 しかし、今回の報告により、 キヤノン は、カメラ市場の非常に重要な 3 つの側面を確認しており、今後の自信を高めています。

会計年度の 6 か月後と第 2 四半期の結果の発表は、通常、投資家がビジネスが「順調に進んでいる」かどうかを確認するための指標にすぎません。 しかし、今年のキヤノンにとって、これらの結果はいくつかの理由で驚くべきものです。

まず、四半期の純売上高は 9,990 億円 (約 75 億ドル) で、昨年の 8,820 億円 (+13.3%) から増加し、売上総利益は 4,640 億円 (+11.1%) でしたが、営業利益は)990億円(+27.4%)。

プリンティングが 57% で依然として最大のセグメントであり、続いてイメージングが 20% ですが、イメージングの営業利益率は 16.1% と最も高く、医療部門の 2 倍以上です。 上半期の成功は、商品に対する需要の増加によるものですが、米ドルの価値が上昇したことによる大きなプラスの影響もありました。 通期の見通しは4兆800億円(+16.1%)と微増だが、営業利益は3760億円と33.4%の大幅増益。

では、これは Imaging にとってどのように見えるでしょうか? まず、収入の約 66% がカメラからのもので、残りがネットワーク カメラ セグメントからのものであることを思い出してください。 第 1 四半期の業績は比較的横ばい (+5.8%) でしたが、第 2 四半期には 1,270 億円 (+13.2%) の売上で回復しました。 イメージング事業の売上高は 7,710 億円、営業利益は 980 億円と予想されており、市場の強さと楽観的な見方が強まっていることを反映しています。 カメラ セグメントは、レポートごとに売上高が増加し、現在 5,000 億円に達しています。

ILC の出荷は、前四半期の 590,000 (-9%) に続き、680,000 (-7%) に達しました。 興味深いことに、Canon は、市場が 568 万台にわずかに増加し、独自の 300 万台を生産したことを考慮して、昨年末の ILC 出荷数についてはるかに強気でした。

ただし、主に上海でのCOVIDによる封鎖により部品不足が発生したため、ILC市場は545万台に達し、独自のシェアは280万台になると予想しています. として ペタピクセル の報告によると、カメラの総出荷台数は初めて 800 万台を下回る可能性が高いようですが、これらの損失は統合型カメラと DSLR によるものです。 ミラーレス セグメントは実際に成長しており、さらに重要なことに、価値が高まっています。

Canon の第 2 四半期のレポートには、3 つの重要なポイントがあります。 第一に、ミラーレスカメラの販売は、量と金額の両方で増加しています。 質疑応答セッションで、キヤノンは、デジタル一眼レフの出荷台数の減少、ミラーレスの出荷台数の増加、およびコンパクトのほぼ完全な閉鎖 (今年は 50 万台しか出荷されないと推定されている) に基づいて、市場が上昇するという信念を再確認しました。純売上高。

これは、第二に、DSLR は、需要がある限り販売される製品カテゴリとしては終わったことを明らかに強調しています。 これがどれくらい続くかはまだわかりませんが、コンパクトカメラの相対的な内破は、それが短命である可能性があることを強調しています. 最後に、ILC 市場での推定減少は、部品不足による出荷の縮小を反映しています。 これは、量と価値で販売する能力の強さを強調しており、市場での優位性を主張しています。 キヤノンに関する限り、上に行くしか方法はありません。


画像クレジット: ヘッダー写真のライセンスは Depositphotos.

.

Loading...