マイクロフォーサーズが完璧なフォーマットではないのはなぜですか?

OMデジタルOM-1
OMデジタルソリューション

マイクロフォーサーズは、低コスト、小型レンズ、優れた画質を約束したため、発売時に多くのことを成し遂げました。 では、なぜそれが頼りになるフォーマットにならなかったのでしょうか?

新しいミラーレス時代は、2008年11月にパナソニックLumixG1がリリースされたことで幕を開けました。 未来は、すべての人が見て、彼らがしたのを見ることができるようにここにありました。 ますます熱狂的な購入者がますます多くのカメラを持ち上げるにつれて、メーカーは新しいシステムをリリースするために倒れました。 その意図は、新進の新しい写真家に低価格のテイスターを提供し、レンズ、アクセサリー、およびより高価なカメラを購入することに彼らを引き込むことでした。 では、なぜ新興のマイクロフォーサーズシステムが写真の王冠の後継システムではなかったのでしょうか。

マイクロフォーサーズ(MFT)は、2003年に精神的な父であるE-1が誕生して以来、比較的長く反復的な進化を遂げてきました。実際、元のOM-1は精神的な祖父であったと言えるでしょう。現代的なルックスの時代を迎えた真に象徴的なシステムは、サイズと重量を大幅に削減した画期的なデザインと融合しています。 このカメラは革新的であり、オリンパスを日本のカメラブランドの「ビッグファイブ」に押し上げました。

皮肉なことに、OMがオリンパスのデジタル一眼レフの終焉とその後のE-1の形での再生の原因でした。 OM-707は、オートフォーカスOMの最初の、そして最後の試みでした。これは、不十分な努力であっただけでなく、1980年代にメーカーによってリリースされたオートフォーカスシステムの中でおそらく最悪でした。 それは最終的にオリンパスの戦略的方向性を変え、代わりに収益性の高い消費者向けブリッジカメラ市場に焦点を合わせました。 OMはデジタルに移行することはなく、2000年代初頭までに、その範囲を埋めるために一眼レフが必要であることは明らかでした。

OMデジタルOM-1
OMデジタルソリューション

オリンパスは、デジタルカメラ市場の認識されたニーズを満たすために、E-1をゼロから革新および開発することを恐れませんでした。 同様に、OMはSLRをより洗練された比率に縮小したため、E-1はポータブルDSLRに新しい意味をもたらしました。 ニコンとキヤノンは既存のフィルムカメラとレンズに制約されていましたが、つまりそれぞれがAPS-C(およびAPS-H)またはフルフレームを選択しましたが、オリンパスは空白のキャンバスを持ち、コダックとともにフォーサーズフォーマットを確立し、特にパナソニックとライカを含むコンソーシアム。

センサーは2000年代初頭には比較的高価なコンポーネントであったため、17.3mmx13mmの設計にはいくつかの重要な利点がありました。 それはより安く、そしてそれがより小さかったので、カメラとレンズもより小さくそしてそれに比例してより安かった。 2.0倍のクロップファクターは、到達距離と被写界深度の利点をもたらし、センサーは、より速い読み出し時間の可能性ももたらしました。 E-1は、プロニュースおよびスポーツセグメント向けにゼロから構築され、競争力のある5メガピクセルのコダックセンサー、ダスト/ウェザーシーリング、および最初のセンサーダスト除去システム(超音波フィルター)が付属していましたが、フレームレートはそしてAFはキヤノンとニコンの製品と一致しませんでした。

オリンパスは、高速AFや体内画像安定化(IBIS)などの重要な技術的改善により、2007年にE-3で成功しましたが、馬はこの時点ですでにボルトで固定されていました(2010年にE-5がリリースされた場合でも)。 この製品のタイムラインで興味深いのは、MFTが2008年に登場し、オリンパスの最初のモデルが2009年の小型ペンE-P1でしたが、20212年にOM-DE-M5がリリースされて初めて本物のトップ-ラインMFTモデルが到着しました。

それは価値があるすべてのためにそれをMILCing

MILC(ミラーレス一眼)の難問は、製品タイプごとのCIPAカメラの出荷(ユニットと値)を示す以下のチャートにおそらく最もよく要約されています。 短い3年間で、MILCは独自のレポートを作成するのに十分重要でしたが、統合カメラやデジタル一眼レフカメラと比較すると、このサイズは見劣りします。 実際、これらのグループは両方ともそれぞれ6倍大きかったです!

MILC出荷

2013年までに、DSLRは最も価値のあるグループになりましたが、2019年にはMILCに追い抜かれました。実際、MILCで注目に値するのは、成長している唯一のカテゴリであるということです。 日本の売上を追跡するBCNアワードは、2010年から、オリンパス、ソニー、パナソニックが非常に小さなパイのシェアを均等に取ったことを示しています。キヤノンは2015年にトップ3に入っただけです。2021年までに、オリンパス(現在のOMデジタル)ソリューション)シェアは10%強に急落しました。

したがって、疑問が残ります。オリンパスにとってどこがうまくいかなかったのか、そしてなぜMFT —元のミラーレスフォーマット—が選択されたフォーマットではないのか?

答えの一部は元のE-1にあります。 オリンパスにはそれを抑えるための既存のフィルムシステムの手荷物がありませんでしたが、カメラマンがシステムを切り替えることによる慣性と、AFの遅さとフレームレートの低下(1秒あたり3フレームに達するのに対し、ニコンD2Hは可能でした) 1秒あたり8フレーム)、それは十分ではなかったことを意味します。 E-3とE-5はこれらの問題を解決しましたが、キヤノンの1-DSと5D、それに続くニコンのD3、D800、D300の登場は、競争するには多すぎることが判明しました。

しかし、それだけではありません。 DSLRジャガーノートは勢いを増し、2013年までに最も価値のあるセグメントになりました。E-3およびE-5の開発は、オリンパスが新しいMFTフォーマットの技術仕様に納得していなかったことを示唆しています。 パナソニックが最初に門を出て、オリンパスのモデルが有能であったが、ペンE-P1を刺激することにはほど遠いという事実は、それが水域をテストしていたことを示しています。

オリンパスの最初の本格的なカメラが到着するまでには、目隠しでしたが、2012年とOM-DE-M5までかかりました! しかし、この時点で、他のすべてのメーカーはすでにミラーレスフルスイングであり、次の新しいマウントが到着しています:ソニー(2010、APS-C)、サムスンNX(2010、APS-C)、ニコンCX(2011、CX)、ペンタックスQ and K(2011、1 / 2.3インチおよびAPS-C)、Canon EOS-M(2012、APS-C)、Fujifilm X(2012、APS-C)、およびLeica L(2014、FF)。 その後、フルサイズのソニーアルファ7が2013年に登場しました。

マウントのこの真の宝庫は、少なくとも早い段階で、ミラーレスカメラに大きなセンサーを設置することを誰も考えていなかったことを示しています。これらはDSLRを補完するモデルであったためです。 APS-Cが最も人気のある選択肢であったとしても、富士フイルムはこれがフルフレームに取って代わることができると心から信じていた唯一のベンダーであり続けました。

OMデジタルOM-1
OMデジタル

しかし、オリンパスの有望な吃音を引き起こしたのは、実際には2つの無関係な出来事でした。 これらの最初のものは制御不能でした:スマートフォン。

しばらくの間、消費者はカメラに費やすリソースが無限にあるように見え、2010年には1億2000万台に達しました。しかし、スマートフォンの台頭により、カメラは(ほぼ)すべての人のポケットに入れられ、カメラの売上は崖から落ちました。メーカーは新しいミラーレスシステムの拡張に資金を提供していました。

2つ目は、完全に独自の方法でした。悪名高い会計スキャンダルです。 15億ドルを超える投資損失、リベート、賄賂が特定されたため、米国では6億5,000万ドル近くの罰金が科せられ、会社の価値の4分の3が全滅しました。

MILCがDSLRクラウンをUsurps

デジタル一眼レフをミラーレスに置き換えることは決して当然の結論ではありませんでしたが、デザインの優雅さには3つの重要な技術的利点があります。 最初にミラーボックス/ペンタプリズムを取り外すと、製造がより簡単で安価になります。 第二に、これはまた、カメラをより小さく、より軽くします。 最後に、マウントをセンサーに近づけることで、他のマウントサポートやより効率的で難解な設計の機会を開くことができます。

OMデジタルソリューションズレンズ
OMデジタルソリューション

もちろん、これはフルフレームモデルの場合と同様にMFTにも当てはまります。 小さいセンサーの問題は常にノイズの1つでしたが、センサーの設計が改善されたため、この問題は多少減少しました。 オリンパスは、MFTがサイズ/重量、リーチ、被写界深度、センサー速度の適切なバランスを提供し、ニュース/スポーツ、ストリート、および家庭での使用に特に適していると主張します。 富士フイルムがXシリーズに使用しているのと同じ議論ですが、この主張と中判GFXの入手可能性とのバランスをとることができます。

フルフレームの成功は、おそらく主なメリットとは関係がなく、マーケティングとその背後にあるメーカーと関係があります。 ソニー、ニコン、キヤノンは間違いなくフルサイズの夢の物語を売りましたが、これをサポートするシステムを構築する能力と能力もあります。これはオリンパスがこれまでにできたことのないことです。

カメラメーカーにとっての問題は、未来は実際にスマートフォンの方向にあるのかということです。 オリンパス(およびパナソニック)は、カメラに計算機能を導入することに常に積極的であり、小型センサーの操作および画像の操作に豊富な経験を持っています。

OMデジタル
OMデジタルソリューション

スマートフォンのセンサーが大きくなり、処理が複雑になるにつれ、MFTの未来に合体する余地はありますか? 要するに、両社はスマートフォンをカメラのようにすることを利用できますか、逆に、カメラをよりスマートフォンのようにするリーダーになることもできますか?

Loading...